工場系の仕事・正社員・派遣社員・パート・アルバイトなど雇用形態の違いとは…

工場系の仕事・アルバイト 雇用形態の違いについて


正社員
正規雇用で雇われていて、期間を定めずに定年まで働くことができる。年齢が上がれば昇進・昇給し役職に就く場合が多い。企業の意向により出向、転勤などがある。正規社員・社員とも言う。

パート・アルバイト
非正規雇用の一つ。曜日・時間を決めて仕事をする働き方で、正社員より働く日数・時間が短い。臨時的に働くという意味合いが強い。最近ではパート・アルバイトの区別はない。

契約社員
あらかじめ雇用期間・給与などが決められている雇用形態。期間が終われば契約満了となる。会社の評価が良ければ再度契約されたり正社員登用されるケースもある。

派遣社員
派遣会社に希望の仕事を登録しておき、条件が合った企業に派遣されて働く。派遣会社と雇用契約をし、派遣先企業の労働条件のもとで働くことになる。

紹介制
人材紹介会社に希望の仕事を登録しておき、条件が合った企業に紹介される。本人と企業の合意があれば雇用契約し働くことになる

紹介予定派遣
派遣会社に希望の仕事を登録しておき、条件が合った企業に派遣されて働く。派遣期間終了後に、本人と派遣先企業の合意があれば正社員や契約社員になれる。

業務委託
企業に雇用されるのではなく、事業主として企業と対等な立場で業務(仕事)を受ける働き方。業務(仕事)ごとに金額・進め方などの契約を結びます。

工場系の仕事・アルバイトページヘ