工場系の仕事・アルバイトの求人に応募するときの履歴書の書き方とは…

履歴書を書くときの注意ポイント


履歴書は合否を決める重要なものですから、しっかりと書いてください。黒のボールペンで記入し、間違った場合は修正液など使わずに、新しい用紙に書き直してください。
当然のことですが、志望動機や特技・趣味・アピールポイントなどを、ネットからコピーして使うのはやめましょう。すぐにバレます。採用担当者に悪印象を与え、不採用になってしまいますからね。

1.日付
履歴書を提出する当日の日付を記入してください。

2.証明写真
証明写真は、原則3ヶ月(最長でも6ヶ月)以内に撮影したものとし、髪の毛は黒髪(自毛色)で清潔感のあるヘアスタイルにしてください。
起き抜けの腫れぼったい顔は避け、女性は化粧が濃くならないように注意してください。
服装は、白系シャツに紺系スーツのスタイルが良いでしょう。スーツでない場合でも、派手な服装は避けて落ち着きのあるものにしてください。
※プリクラ・スナップ写真は使わないようにしましょう。

3.現住所・連絡先
住所は都道府県名から記入し、郵便番号・ふりがなも忘れずに記入してください。電話番号・メールアドレスは必ず連絡のとれるものを記入してください。携帯メールアドレスでパソコンからのメールを拒否設定にされている人は要注意です。

4.学歴・職歴
学歴は、小学校・中学校は卒業した年のみ記入し、高校・大学は入学・卒業した年の2つを記入します。学校名は省略せずに正式名称で記入してください。高校・大学の専攻学科も忘れずに。職歴には、アルバイトも記入しておきましょう。

5.免許・資格
免許・資格は、運転免許・応募企業に関係するもの・仕事に役立ちそうなもの(他業種でも可)を中心に記入するようにしてください。

6.志望動機
履歴書で一番重要な記入欄です。履歴書を提出する企業の求める人材に、あなたがいかにマッチしているのか、どれだけ貢献できるのかをアピール出来るような志望動機を記入してください。給料・待遇について強調するのはやめましょう。

7.特技・趣味・アピールポイント
あなたの、ひととなりを知ってもらえますから些細な事でもいいので書いておきましょう。趣味を書くときに「ギャンブル・思想・政治・宗教・ゲーム・アニメ・アイドル…」などは、あまり良い印象をあたえないので控えるようにしましょう。面接の際に、特技・趣味・アピールポイントに書いたことを聞かれても答えられるものにしてください。

8.本人希望記入欄
職種・勤務地が複数あれば希望する職種・勤務地、アルバイトの場合は希望シフト、特に書くことがなけば「貴社規定に従います。」と記入してください。連絡のつく時間に制限がある場合は、連絡可能な時間帯を記入しておきましょう。

工場系の仕事・アルバイトページヘ