工場系の仕事の社員寮ってこんなところ!ワンルーム寮と集合寮とは…

社員寮があるから安心して働ける!でもどんなところなの…


工場系の仕事には、寮を完備していている会社も少なくありません。
いま住んでいる場所と、希望する仕事の勤務地に距離があったとしても、寮があれば住むところに悩まずに仕事探しができますね。
「でも、寮ってどんなところか心配…」というあなたに、寮がどのようなところか紹介したいと思います。
寮には「ワンルーム(1R)寮」と「集合寮」のタイプがあり、現在は「ワンルーム(1R)寮」タイプが多いようです。

ワンルーム(1R)寮
「ワンルーム(1R)寮」とは、一般的なマンション・アパートと同じと考えて良いです。部屋・キッチン・トイレ・風呂という基本的なお部屋になります。完全に部屋が個別化されていますから、プライベートを重視したい方には「ワンルーム(1R)寮」が合っていると思います。
寮費は、地域・広さ・設備…などにより異なりますが、5万円~6万円前後が多いようです。会社によっては、住居手当などが支給されたり、寮費自体を無料にしているところもあります。

集合寮
「集合寮」とは、玄関・食堂・風呂・トイレなどは共有スペースとなり、個別に部屋が用意されています。住んでいるのは同じ会社で働く同僚なので、生活するのに安心ですし友人も作りやすいと思います。
寮費は、地域・広さ・設備…などにより異なりますが、1万円~3万円前後が多いようです。会社によっては、寮費自体を無料にしているところもあります。

備品・その他について
「ワンルーム(1R)寮」「集合寮」のどちらについても備え付けられている場合が多いです。寮によっては有料で貸し出ししていることもあります。
光熱費・水道代も寮によって、寮費に込みの場合もあれば、使用した分を払う場合もあるのでチェックが必要です。

まとめ
寮を完備している会社によって「ワンルーム(1R)寮」か「集合寮」のどちらになるか変わってきます。最近では「ワンルーム(1R)寮」が増えてきているようですが、社員が多い工場などではまだまだ「集合寮」を使っているところも多いです。
仕事を決める際に、自分が望む寮があり、入寮できるかの確認もしておきましょうね。

工場系の仕事・アルバイトページヘ