不倫・浮気調査にかかる料金・費用 成功報酬型の料金体系とは…

不倫・浮気調査にかかる料金・費用とは…

 

不倫・浮気調査を行っている探偵事務所の中には、「成功報酬」を売りにしているところも少なくありません。

 

依頼者から見ると「成功したときにだけ、料金を払えば良いので良い料金体系だ」と考えてしまいがちです。

 

しかし、この「成功報酬型」はトラブルが多い料金体系なのです。ここでは「成功報酬型」の2つのパターンと注意点について紹介していきたいと思います。

 

成功報酬型の料金体系

調査料金の算出方法は上記と同じですが支払い方法が違います。成功報酬には「着手金+成功報酬」と「完全成功報酬」の2つのパターンがあります。

 

パターン① 着手金 + 成功報酬

調査前に、「着手金」を払い調査をしてもらいます。
調査が成功すれば「成功報酬」を払う事になります。失敗したら「成功報酬」は払わなくてもいいですが、「着手金」は返ってきませんし「その他の経費」を追加で払うことになる場合もあります。

 

■ 成功 : 着手金 + 成功報酬 + その他の経費
■ 失敗 : 着手金 + その他の経費

 

となります。成功報酬型の料金システムだからと言って、失敗しても料金が掛かることがありますので注意が必要です。

 

パターン② 完全成功報酬

調査が成功すれば「成功報酬」を払う事になります。失敗したら「0円」で、料金を払う必要がありません。

 

成功報酬型の料金体系の注意するポイント

成功報酬型で注意するポイントは「何を成功とするのか」という点です。

 

【成功】 浮気をしていたことを確認し、写真・映像で抑える事ができた
【成功?】 浮気は確認したが、写真・映像が不鮮明・撮影できなかった
【成功?】 浮気は確認したが、相手が誰だかわからない
【成功?】 2人でいた事は確認したが、ホテルなどの出入りは確認できなかった

 

依頼者からすれば、一番上だけが「調査成功」で、後は「失敗」で料金を払わずにすむと考えがちです。

 

しかし、探偵社側からすれば「浮気を確認したから成功だ」「2人でいるところの写真はあるから成功だ」など、依頼者との「成功」の基準が違うことによりトラブルが多発しています。

 

あなたが「成功報酬型」の探偵事務所に調査を依頼されるのであれば、「何を成功とするのか」を面談時に明確にし、契約書に一筆加えておくことが必要になります。