工場系の仕事・アルバイトの面接を受ける時の服装・持ち物とは…

工場系の仕事・アルバイトに採用される面接の受け方とは…


面接は、雇い主とあなたがお互いを知る貴重な場です。しっかりと、あなたらしさをアピールしていきましょう。
工場仕事の面接では、聞かれる質問にそれほど違いはないと思いますので、答えを用意しておき落ち着いて答えられるようにしておきましょう。

面接の服装・持ち物

面接の服装


髪色・化粧
髪色は、自毛色・黒に近い色にしましょう。洗髪して清潔にし、寝癖などのチェックも忘れずにしてください。髪が長い方は束ねておきましょう。女性の化粧は薄めにしておきましょう。

服装
服装は、普段着・スーツのどちらでも良いというところが多いです。普段着であれば、派手なもの柄ものは避けて、色は黒・紺・茶など落ち着きがあって地味めなものが良いでしょう。迷うぐらいなら「スーツ」が一番です。

但し「私服/動きやすい服装で…」など指定があれば、地味目の私服にしてください。面接時に簡単なテストがあったり、工場内見学がある会社もあるようです。アルバイト・パートの方は、地味目の私服で良いと思います。
やめておきたい服装・装飾品など
ジャージ・穴あきジーンズ・華美すぎる服装・ネイル・過剰なアクセサリー
だらしない服装・不潔な服装

面接に出掛ける際はいま一度、自分の服装がおかしくないかを確かめて下さい。

面接の持ち物

持ち物は、求人サイトなどに記載されていると思うので確認し持参してください。主なものは下記になります。

・履歴書(顔写真付きのもの)
・身分証明書(免許書・パスポート・住民票…)
・筆記用具
・印鑑
・資格証明書・免許書

面接の時に確認しておくべきこととは…

採用・不採用の結果の連絡方法

面接結果の連絡方法を確認しておきましょう。電話・メール・封書などの連絡方法と、連絡のもらえる期間の目安を聞いておきましょう。
携帯のメールを使用する場合は、パソコンからのメールを受け取れるようにしておいてください。

求人情報の確認

業務内容・勤務日・勤務時間・休日・給与(時給)額・給与(時給)支払い方法・資格(スキル)の有無など疑問がある場合は聞いておきましょう。

工場系の仕事・アルバイトページヘ