工場系の仕事・アルバイトの面接時に聞かれる質問とは…

面接で聞かれる質問の例


工場系の仕事・アルバイトの面接で聞かれるかも知れない質問をあげています。
いきなり質問されてパニックにならないように、あらかじめ答えを用意して落ち着いて答えられるようにしておきましょう。
工場系の面接では、そんなに難しい質問は無いです。会社によっては面接というよりも、求人内容の確認みたいな感じで採用に至るところもあるようです。

共通


志望動機・なぜ当社で働こうと思ったか
あなたをアピールできる一番の質問です。どこが魅力なのか・どこが自分に合っているのか・どう会社に貢献できるのか…あなたの熱意を語ってください。

自己PR・あなたの長所は何か
ただ「〇〇なところです」ではなくて、具体的なエピソードと絡めて長所をアピールできると説得力が違います。「部活・サークルの部長をしていた⇒リーダーシップがとれる」「老若男女友人が多い⇒コミュニケーション能力が高い」…

残業・休日出勤ができるか
残業・休日出勤がどれぐらいあるか求人情報に書かれていると思うので確認しておきましょう。問題がなければ「はい。大丈夫です」と答えれば良いでしょう。子育て・介護などがある場合は理由を話し「業務の調整などをお願いできたら幸いです」とお願いしてみましょう。

体力はあるか・病気にかかりやすいか
工場の仕事は、やる事を覚えてしまえば、後は体力勝負というところが大きいです。また、あまりに病気で休まれると他の人にしわ寄せがいきます。全体の仕事のスピードにバラツキが出てしまいます。問題がなければ「はい。大丈夫です」と答えれば良いでしょう。

社会人


前職を辞めたのはなぜか
前職の悪いところを羅列するのはやめましょう。働くにはどうしても我慢しないといけない部分は出てきます。今回の仕事にも同じような部分があるかもしれません。新しい仕事に変わることで、前職ではできなかった「やりたいこと」「チャレンジしたいこと」があるから…など前向きな理由を答えましょう。

なぜ、〇〇(前職)で働いていたのに、今回は工場で働きたいと思ったのか
前職と、今回面接を受けている工場の仕事との業種・職種が大きく違う場合に聞かれます。

〇〇(前職)と〇〇(今回)、同じ製造業ですが違いは何ですか
前職と、今回面接を受けている工場の仕事との業種・職種が似ている場合に聞かれます。

ブランクがある


ブランク期間は何をしていたのか
「何もしていない」と答えるのは、やる気のない人だと判断されてしまうのでやめましょう。「病気・ケガの療養をしていたが、現在は完治している」「資格試験の勉強をしていた」「短期のアルバイトをしていた」など、これからの仕事に支障のない範囲で答えてください。子育て・介護なども理由になります。

工場系の仕事・アルバイトページヘ